【接客テク】キャバクラお触りの対処法について説明します!! | キャバペイジ

【接客テク】キャバクラお触りの対処法について説明します!!

今回は、キャバクラでお触りされた際の対処法について説明していきます!
キャバクラは基本的に「お触り禁止」ではありますが、
一切触られる事がないか、というとそんな事はありません!!
触られやすいキャストの特徴から、触られない為の対処法について詳しく解説していきます!

今回は、キャバクラでのお触り対処法について説明していきます!!
よろしくお願いします!

触られやすいキャバ嬢の特徴とは?

触られて嫌がるキャバ嬢

まずは、実際に「触られそうだなぁ〜」と思うキャバ嬢の特徴について説明していきますね♪
触られやすいキャストの特徴は以下の通り!
一つでも当てはまっていたら気をつけないと行けないかもしれません!!
  1. 接客するときの声が小さめ
  2. 椅子に深く座ってしまう
  3. お客さんに媚びすぎた接客・会話をする
  4. 下ネタやセックスアピールが強すぎる
なるほど!!
「この子なら少しくらい触っても大丈夫かも!」
「許してもらえるかも!」

って思われそうな子が狙われるんですね!!

そうですね。
弱点がわかれば、その逆をやるだけでも効果はあります!!
声を大きくハキハキと!いい意味であっさりとした接客をしていれば、大丈夫って事ですね!!
実際に触られたらどうしたらいいんでしょう?!
怒っちゃダメなんですか??

触られて不快な気持ちになるのは仕方ありませんが、
キツイ態度をとってしまうと、気を悪くして逆上するお客さんもいるかもしれません。
1回、2回は軽い冗談として受け取ってあげて
笑顔で注意してあげるくらいの方がいいかもしれませんね!!

実際にできるお触り対処法

ひらめく女性

さて、次は実際にできるお触り対処法について説明していきます!!

座り方を変えてみよう!!

まず、「座り方」を意識してみましょう!!
できるだけ椅子に浅く座って背筋をピンと伸ばして座るといいでしょう。
もちろん、こちらの記事で書いたとおり、
接近接客は忘れずに意識して、膝と膝は軽くくっつけてくださいね。
ドキドキさせるポイントは抑えて、触りにくい距離感を保つという事ですね!!

手を握ってしまおう

また、「この人はよく触ってくる人」と覚えている場合は
お話していて触られる前に、先に手を握ってしまうのが一番効果的です!!
な!なんと大胆な!!
でも、お客さんとしても、
キャストから触ってくれたら嫌な気もしませんもんね。

そうですね。
実際に触られてしまった時も、触られた手をそのまま握ってしまいましょう!!
そうすればお客さんもそれ以上動かせなくなります!
捕まえた手を離すと、また触られる可能性があるので、
手相をみるフリをしてみたり、手を褒めたりして、手を離さないように色々と工夫してみましょうね!!

おさわり客を教育してみよう

お触り客はなかなか根本的な部分での
解決は難しそうですね・・・!!

そんな事はないですよ!!
少し時間がかかるかもしれませんが、
お触り客を教育する、という手もあります!!
例えばこんなセリフをお触り客にかけてみましょう!!

パターン1

キャバ子ちゃん

〇〇さんって、女の子に勝手に触ったりとかしなさそうだよね。
そうゆうところ本当に好き!

パターン2

キャバ子ちゃん

私のお客さんってみんな本当に良い人ばっかりでね。
突然、触ってきたりとか、私に嫌な事してくる人って一人もいないんだよ〜!!

パターン3

キャバ子ちゃん

さっきのお客さん、すごいキャバ子のこと触ってきてね、苦手だったなぁ。
〇〇さんってこんな人のことどう思う?!
なるほど!!
こうして言っておけば、
お客さんも心はあるはずなので、なかなか触りにくくなりそうですね。

そうですね。
「この人触ってきそうだな・・・」って感じたら、
こうした会話を入れながらお話しするのは効果的です!!
お客さんが「俺のこと?」とならないように、あくまでも自然に話すようにしてくださいね。

本当に無理な場合は、お店に伝えましょう!!

悩む女性

これだけやっても触られて、「もう無理です!!」となった場合は、席を立って構いません!
トイレに行くふりなどをして、席を抜けましょう。
あまりにひどい場合は仕方ないですよね!!
そこのあなたも!!我慢しちゃいけませんよ!!

そうです!我慢しちゃいけません!!
近くにいるボーイさんに「私では対処できませんので、注意するか、席から外してください!!」
と伝えましょう!!
ボーイさんが注意すると知っていて、ボーイが見ていないタイミングでお触りしてくるお客さんもいます。
それはタチが悪いですね!!
そこと、そこと、そこのあなたも!!
我慢せずボーイに言ってくださいね!!!

こんなお店には注意しよう!!

「STOP」の画像

また、もし、こんな状況に気づいた場合は、
お店を変える必要もあるかもしれません!!
  1. ボーイがお触りを注意しない
  2. お客さんによってはお触りが容認されている

ボーイがお触りを注意しない

お店によって
・少しのお触りでも注意するお店
・ある程度キャストで対応することを求められるお店

2パターンあります。

また後者の「ある程度」、という部分は大変曖昧です。
自分が「我慢できない」と感じたら、ボーイの注意を待つのではなく、席を抜けてしまいましょう。
また、不快に感じた場合は、お店を変えることを考えても良いと思います!!

お客さんによってはお触りが容認されている

お店のVIPなお客さんは、お触りを容認されているケースがあります。
こちらもお店の都合なので、「嫌だ!」と思った場合は迷わず辞めても良いと思います。

VIPなお客さんへのこういった容認は、高級店によくあるそうですよ!!

やめるのも懸命な判断です。

上記のようなお店が少ないとは限りません!!
でも、キャバ嬢は触らせることがお仕事ではないと言うことを忘れないでください。
もし、「本当に嫌だ!」と感じたら辞めることを考えましょう!!
どんな職種であれ、
嫌な気持ちで働き続けるのはなかなか難しいと思います。
色んなお店を回って、めげずに働きやすいお店を探して行きましょう!!

まとめ

  • 触られないキャストの特徴を掴んで、取り入れてみよう!!
  • 実際に触られた場合は「手を握って」やり過ごそう!!
  • 「お店との価値観が合わない!」と感じた場合は、お店を変えてみることも必要です!!
今回は、キャバクラでお触りされた際の対処法について説明しました!!
もしお触りされた経験のある子は、今回の記事を見て実践してみても良いかもしれませんね!!
なるべく自分で対処できるのは一番良いことですが、周りの人も頼って、働きやすい職場環境を守っていきましょうね。
最後まで読んでくれてありがとうございました♪

投稿者プロフィール

この記事を書いている本人。
キャバクラ未経験。
キャバクラ求人会社に就職したものの知識不足すぎるので、
この世に存在するキャバクラ初心者の味方となるべく日々勉強しています!!

水商売のことならなんでも知っているただの美人上司。
キャバクラ経験者。
お酒を一杯奢ればなんでも教えてくれるというので、こちらの企画に参加していただいております。感謝。